『ゆみちゃんトマト』の回文

出展はすべて『プログラムポシェット』の欄外コーナー『ゆみちゃんトマト』から
てつだうよなんどもどんなようだって(手伝うよ、何度もどんな用だって)
くいたいがはがいたいくー(食いたいが、歯が痛いクー)
よるすいえいするよ(夜、水泳するよ)
わるいにきびきにいるわ(悪いニキビ、気に入るわ)
ないかくもいもくうかいな(内閣も芋食うかいな)
いなりたべたりない(いなり、食べ足りない)
みんちはちんみ(ミンチは珍味)
じいさんさんさいじ(爺さん三歳児)
でんきではできんで(電気では、できんで)
おらもくるみとみるくもらお(おらも、クルミとミルクもらお)
かばさんおいららいおんさばか(カバさん、おいらライオンさ、ばか)
かたみのおのみたか(形見の斧見たか)
どけだんなこのこなんだけど(どけ!旦那この娘なんだけど)
きじもいいわかもめもかわいいじき(雉もいいわ、かもめもかわいい時期)
やまさきはんにんはきさまや(山崎、犯人は貴様や)
あかいまいかあ(赤いマイカー)
わるいがきがいるわ(悪いがきがいるわ)
んえびがびえん(ん?えびが鼻炎?)
すぶたつくりもりもりくったぶす(酢豚作り、もりもり食ったブス)
なんてしつけいいこいいけつしてんな(なんてしつけいい子、いいケツしてんな)
ちっそはそっち(窒素はそっち)
りかがかり(理科係)
みがかないなかがみ(みがかないな、鏡)
だんたいがいたんだ(団体がいたんだ)
なんだかいだんもんだいかだんな(なんだ、階段問題か、旦那)
いーなかいにいかなーい(いーな、買いにいかなーい?)
だるまはまるだ(ダルマは丸だ)
かみのけははげるげははけのみか(髪の毛ははげる、ゲハハ、毛のみか?)
けいざいけいさんこそぱそこんさいけいざいけ(経済計算こそパソコンさ、いけ!いざいけ!)
ぶるどっくをくっとるぶ(ブルドックを食っとる!ぶ!)
おにくのくにをぞうかでかうぞ(お肉の国を造花で買うぞ)
よるあにとあのくさのありかをもしわからないならかわしもをかりあのさくのあとにあるよ(夜、兄と「あの草のありかをもし分からないなら、川下を刈り、あの柵の跡にあるよ」)
ねずみがのんでんのみずね(鼠が飲んでんの、水ね)
いまうちのこのちうまい(今、うちの子の血うまい)
よしかうよききょうかしょ(よし買う!よき教科書)
いしいをばけつにつけばおいしい(石井をバケツに漬けばおいしい)
すきいまあのことこのあまいきす(好き、今あの娘と甘いキス)
きんいろしたしろいんき(金色した白インキ)
ねえいいいえね(ねえ、いい家ね)
うらないならう(占い習う)
きんえんえんき(禁煙延期)
よういというよ(用意!と言うよ)
たつたあげあたった(龍田揚げあたった)
いるだけでけだるい(いるだけで、けだるい)
わかくさのさくかわ(若草の咲く川)
しぶいぶし(渋い武士)
いないこねこいない(胃ない小猫いない)
すでかばたべたばかです(酢でカバ食べたバカです)
かんけいないけんか(関係ないけんか)
AKIKA(秋か・・・)
よだれだれだよ(よだれ誰だよ)
またたびのみこみのびたたま(マタタビ飲み込み、のびたタマ)
こんせんとにとんせんこ(コンセント2t千個)
きいちごちいき(木いちご地域)
わるいまにあにまいるわ(悪いマニアに参るわ)
あらえらあ(あら,エラー)
わたしたわしわたしたわ(私,たわし渡したわ)
わたしすきできすしたわ(私,好きでキスしたわ)
またあのしけたたけしのあたま(またあのしけた,たけしの頭)
れいとうといれ(冷凍トイレ)
ようかんかうよ(ようかん買うよ)
つねにおにねつ(常に鬼,熱)
そっちのちいさいちのちっそ(そっちの小さい血の窒素)
きてすがたがすてき(来て!姿がすてき)
いんけんけんい(陰険権威)
よるみにきてすいせいすてきにみるよ(夜見に来て,彗星すてきに見るよ)
よだんじいはむよくでくよむはいじんだよ(余談,爺は無欲で句詠む俳人だよ)
くさのなはしらずめずらしはなさく(草の名は知らず,めずらし花咲く)
かのうかたたりとひとりたたかうのか(可能か?たたりと一人戦うのか?)
わにのくるみるくのにわ(ワニの来るミルクの庭)
ろりこんこりろ(ロリコン懲りろ)
にかいめのひんみんひどくなくどひんみんひのめいかに(二回目の貧民ひどく泣く,ど貧民の日の目いかに?)
よるさかなのみやげさげやみのなかさるよ(夜魚の土産提げ,闇の中去るよ)
いごすずきのはのきずすごい(以後,鈴木の歯の傷すごい)
つまおにおまつ(妻,鬼を待つ)
いたみたえたみたい(痛み耐えたみたい)
かんたんたんか(簡単短歌)
うどんうんどう(うどん運動)
さばくいにいくばさ(さば,食いにいくばさ)
たがいにすごすにいがた(互いに過ごす新潟)
さしみさすさみしさ(刺し身刺す寂しさ)
あばれるればあ(暴れるレバー)
まつたけやいくきんきくいやけたつま(松茸や,行く近畿食い,妬けた妻)
いまうんどうかいかうどんうまい(今運動会,イカうどんうまい)
げかときまりえりまきとかげ(外科と決まり,えりまきとかげ)
きじのあたまにかとかにまたあのじき(雉の頭に蚊と蟹,またあの時期)
よういできたとたきでいうよ(用意できたと,滝で言うよ)
きしゃのあるあのやしき(汽車のある,あの屋敷)
ようふくのにあうあにのくふうよ(洋服の似合う兄の工夫よ)
にしかわしがけでのたつまきがきまつたのでけがしわかしに(西川し崖での竜巻が決まったので,怪我し,若死に)
さきいかのかいきさ(さきイカの,怪奇さ)
だんなやいはすきいなきすはいやなんだ(旦那やい!ハスキーなきすはいやなんだ)
かばんやいていやんばか(かばん焼いて,いやんばか)
ねつききゅうあすあうゆききつね(熱気球,明日会う雪きつね)
ままがわがまま(ママがわがまま)
あなだやだなあ(穴だ!やだなあ)
へありきっどつけてついにとーさんこんさーとにいってけつどっきりあへ(ヘアリキッドつけて,ついに父さんコンサートに行って,けつどっきり,アヘ)
やいしごくからかくごしいや(やい!しごくから覚悟しいや)
あかいぴすとるとすぴいかあ(赤いピストルとスピーカー)
えいとまんさんまといえ(エイトマン,サンマといえ)
しんけんけんし(真剣剣士)
かんさいのいさんか(関西の遺産か)
よれいはんいんはいれよ(予鈴!班員はいれよ)
ねているわたしになにしたわるいてね(寝ている私にナニした悪い手ね)
さといもおもいとさ(里芋重いとさ)
たきとびこえこびときた(滝飛び越え,小人来た)
よめたしんぶんしためよ(読めた新聞紙ためよ)
よるとあさにさあとるよ(夜と朝にさあとるよ)
たていとをといてた(縦糸をといてた)
ちんぱんじーろーじんぱんち(チンパンジー老人パンチ)
わるあがきわたしにしたわきがあるわ(悪あがき,私にしたわ,気があるわ)
ためしにしめた(試しに閉めた)
げんざいざんげ(現在ざんげ)
ちんぴらぴんち(チンピラピンチ)
さくなななくさ(咲くな七草)
ざんねんねんざ(残念ねんざ)
ようもうとうもうよ(羊毛と羽毛よ)
わたしなはではなしたわ(私那覇で話したわ)
きゆうかいまいかうゆき(九階、舞い交う雪)
さつまでまつさ(薩摩で待つさ)
かなたにたなか(彼方に田中)
きつねがてらでかねつき(キツネが寺で鐘つき)
くつがきにいつてべすときてすがたがすてきとすべてついにきがつく(靴が気に入って、ベスト着て、姿が素敵とすべてついに気がつく)
どおこれよいれこおど(どお、これ?良いレコード?)
ねむたいめいたむね(眠たい目、痛むね)
このこねこはこねこのこ(この小猫は小猫の子)
やいりかばかりいや(やい!理科ばかりいや)
いかくいにいくかい(イカ、食いに行くかい?)
ばかたれかいいかれたばか(ばかたれかい?いかれたカバ)
たいやきすきすきやいた(タイヤキ好き、好き、焼いた)
たしかなおきてでてきをなかした(確かな掟で、敵を泣かした)
たいがーがいた(タイガーがいた)
かっこいいこっか(かっこいい国家)
いのししのい(イノシシの胃)
いわこわしたわたしわこわい(岩壊した私は恐い)
すくないあいなくす(少ない愛なくす)
しんせいせんし(神聖戦士)
くらいいらく(暗いイラク)
よるやでしないなしでやるよ(夜やで、竹刀無しでやるよ)
いしやあやしい(石屋あやしい)
ねんまつはつまんね(年末はつまんね)
わたしさんたをたんさしたわ(私、サンタを探査したわ)
かるいきびんなねこなんびきいるか(軽い機敏な猫、何匹いるか?)
だんしてつくつてしんだ(男子、鉄食って死んだ)
すましかいかんよんかいかします(須磨市会館4階貸します)
ねみつめるめつみね(ね、見つめる目、罪ね)
びきにおかしたわたしかおにきび(ビキニを貸した私、顔ニキビ)
くつかむこどもどこむかつく(靴かむ子どもどこ?むかつく)
かわいいもてとるとてもいいわか(かわいい、もてとる、とてもいい若)
あなたけふさふさふけたなあ(あなた、毛ふさふさ、老けたなあ)
ついうとおつしやつてはてつやしつおとういつ(つい「う!」とおっしゃっては、徹夜し、津を統一)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

search this site.