memo

 「なぜ戦隊は5人なのか?」「戦隊のもっとも理想的な役割分担とは?」の回答を考えていたのだが、プリキュアを見ていて回答を思いついたので、忘れないようにメモしておく。
 つまり、戦隊の基本構成は、季節なのだ。日本には大雑把にいって春、夏、秋、冬、梅雨の五つの季節がある。それぞれの季節に感じるイメージは、おおむね以下のようなものだろう。

春…安穏
夏…情熱
秋…知性
冬…団欒
梅雨…陰気

 この五つが、すなわち戦隊の基本構成なのだ。

春…細かいことにこだわらない、気にしない。のんびりしている。リーダーになりやすいタイプ。
夏…直情的なタイプ。すぐに怒り、すぐに反省する。梅雨タイプとはいまひとつ反りが合わない。
秋…チームのブレイン。もっとも目立たないが、マニア的な人気がある。
冬…和をもって尊しとなし、チームではボケ役。口数は多いが、存在感は薄い。
梅雨…なんらかのトラウマ(かつて恋人を戦場で亡くしたとか、家庭環境が複雑とか、先生バスケがしたいですとか)を抱えていて物語に深みを与える役割。実力派だが、チームに馴染むのに時間がかかる。

 どうでもよくてごめんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

search this site.